ペットとしてのうさぎの歴史

うさぎの画像

○ このページでは、古代ヨーロッパの僧院から始まったとされる家畜としてのうさぎの歴史と、ペットとしてのうさぎの小型化の変遷と歴史をわかりやすくご紹介しています。

 ●当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから

◇このページ内の各項目をご覧になるときは、以下のページ内リンク一覧をご利用ください。

 §家畜としてのうさぎ

 §狩り(ハンティング)の獲物としてのうさぎ

 §ペットとしてのうさぎ

 §ハウスラビットの登場


スポンサーリンク


ペットとしてのうさぎの歴史


 遠い昔の古代ローマの時代から、食用の小動物とされてきたうさぎは、中世のヨーロッパの僧院での品種改良によって、本格的な家畜としての歴史が始まりました。

 その後、時代は変わり、11〜12世紀頃になると、一般的な農家でもうさぎが飼われるようになっていきます。

 とはいっても家畜、つまり食用を目的として飼われていたことに変わりはなく、ペットととして飼われるようになるのは、それからずっと後の時代になってからのことでした。

ページ内リンク一覧に戻る

総合ページリンクから他のページを見る


 時代は変わって、16世紀頃になると、貴族たちの間で狩り(ハンティング)が流行するようになっていきます。

アナウサギの画像
アナウサギ Photo:JJ Harrison (jjharrison89@facebook.com)

 狩りに出かけるのは、もっぱら男性で、残された上流階級の貴婦人たちは、宮殿の庭園に捕らえてきた野生のアナウサギ(穴うさぎ)を放し、ビーグルやテリアといった小型の猟犬で、狩りの真似事を楽しんでいたようです。

 こうした貴婦人たちの間で始まった遊びの狩りがきっかけとなって、やがてペットとしてのうさぎの品種化が始まっていったとも考えられています。

ページ内リンク一覧に戻る

総合ページリンクから他のページを見る


 狩り(ハンティング)が流行していた16世紀頃の上流階級では、どこへ行くにしても馬車で行くというのが、ごくあたりまえのことでした。

 そして馬車の中で長時間過ごす際のなぐさみとして貴婦人たちの間でもてはやされたのが、膝の上で撫でて楽しむちいさな動物たちです。

 膝の上でなでて楽しむ動物として貴婦人たちに人気があったのは、やはりおとなしい性格の動物たち、たとえばペルシャ猫やマルチーズといった猫や小型犬でした。うさぎも、性格がおとなしく、なで心地よい毛を持つ動物として人気が集まるようになっていきました。


写真:サテン・アンゴラ

 こうしたことを背景として、当時トルコ原産の長毛種(アンゴラ)などを元にした品種改良が行われ、ようやく家畜ではなく、ペットとしてのうさぎが登場するようになります。

ページ内リンク一覧に戻る

総合ページリンクから他のページを見る


 ペット用に小型化されたとはいっても、長い間、ほとんどの品種が体重2kg〜3kgと大きく、現在の分類から言えば中型のうさぎが主流でした。

 日本にうさぎがやってきたのは16世紀頃のことで、オランダからやってきたうさぎは明治時代以降、毛皮は衣料用、肉は食料用と、まだペットとしてよりも家畜として利用されていました。


写真:白色日本種

 うさぎは、簡単に繁殖ができて食料になるということもあって、日本でもフレミッシユ・ジャイアントとニュージーランド・ホワイトを交配させて生まれた白い毛に赤い目でおなじみの白色日本種が各地で飼育され、一説によると1939年(昭和14)頃には全国で660万頭が飼育されていたともいわれています。

 その後,日本では第二次世界大戦以降、家畜としてのうさぎの飼育は減少の一途をたどり、ペットや医療分野での実験用としての飼育が増加していきました。


写真:ネザーランド・ドワーフ

 その後様々なうさぎの品種が生まれる中で、注目を集めたのがネザーランドドワーフと呼ばれる、体重1kgにも満たないちいさなうさぎたちです。

 ネザーランドドワーフや、同種から派生したドワーフラビット(交雑種)と呼ばれている小型のうさぎが人気を集めるようになるにつれて、うさぎの飼い方もそれまでの外飼いから、家の中で飼う室内飼いが主流になっていきます。

 こうした、家の中で飼われるうさぎたちのことをハウスラビットともいいます。

 ハウスラビットという言葉そのものは、まだ馴染みのない方も多いようですが、手のひらに乗ってしまうようなちいさなドワーフ種のうさぎたちは、もうすっかりおなじみですね。

ページ内リンク一覧に戻る

総合ページリンクから他のページを見る


○ うさぎのことがもっとわかる、人気のうさぎ関連本一覧は、こちらからご覧いただけます。

 出典及び参考書籍:ハムスター・ウサギ・リスたちと暮らす本 (霍野晋吉監修 誠美堂出版)/とってもかわいい!ウサギの育て方(桜井富士朗監修 誠美堂出版)/ウサギとおしゃれに暮らす本 (鈴木麻子著 誠美堂出版)/小動物の飼育情報満載!スモールペット飼育ハンドブック(緑書房)


 * * * 


スポンサーリンク


うさぎの飼い方・育て方へようこそ!

 当サイト、「うさぎ(兎)の飼い方・育て方」では、うさぎ(兎)の上手な飼い方と育て方、うさぎ(兎)の日常の健康管理、初めてでも楽しくうさぎ(兎)と暮らすための育て方のポイントをわかりやすくご紹介しています。

 ●当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 ●ハムスターの飼い方・育て方/●猫の不思議と秘密もよろしければご覧ください。



うさぎを迎える前に

元気で丈夫なうさぎの選び方うさぎの単独飼育とペア飼育
うさぎと相性の良い動物うさぎの入手方法
揃えておきたいうさぎの飼育用品うさぎの室内飼育のメリット・デメリット
うさぎの屋外飼育のメリット・デメリットうさぎの性格と感情表現

スポンサーリンク


うさぎの飼い方・育て方

うさぎの迎え方うさぎの抱き方・触り方
うさぎのエサ(餌)の種類と選び方うさぎに与えてはいけない食べ物
うさぎのエサ(餌)の与え方うさぎのブラッシングの方法
うさぎのシャンプーの方法うさぎのしつけ方
うさぎのトイレのしつけ方うさぎ(兎)の爪の切り方
うさぎにお留守番をさせるにはうさぎに散歩(外出)をさせるには
梅雨から夏のうさぎ飼育のポイントと注意点


いろんなうさぎたち・その性格と特徴・育て方

ネザーランドドワーフの性格と特徴・育て方アメリカンファジーロップの性格と特徴・育て方
イングリッシュ・ロップイヤーの性格と特徴・育て方ダッチの性格と特徴
ドワーフラビット(雑種のうさぎ)の性格と特徴ドワーフロップの性格と特徴

スポンサーリンク


うさぎってどんな動物?

アナウサギ(穴うさぎ)と飼いうさぎ飼いうさぎと野うさぎの違い
アナウサギの暮らしと習性ペットとしてのうさぎの歴史
うさぎの品種改良の歴史名前でわかるうさぎの特徴
耳でわかるうさぎの成長後の大きさうさぎの寿命は何年?
うさぎの体の特徴と能力


うさぎの健康管理

人畜共通感染症(ズーノーシス)の基礎知識と接し方うさぎの健康を守る三原則
うさぎの冬の寒さ対策と注意したいことうさぎが寒がっているときのサイン
うさぎ(兎)が死んでしまったときの対処法信頼できる獣医師・動物病院の見つけ方・選び方
うさぎが快適に暮らせる温度管理と湿度管理のポイントうさぎの病気予防と健康チェックのポイント

スポンサーリンク


うさぎの飼育用品一覧

うさぎの飼育用品一覧うさぎのエサ(フード)一覧
うさぎのシャンプー用品一覧安心して使える、うさぎの爪切り一覧
うさぎのキャリーバッグ一覧うさぎのハーネスとリード一覧
うさぎのペット・ヒーター一覧うさぎ関連書籍一覧

 うさぎ(兎)の飼い方・育て方のトップページへ

運営者情報個人情報保護の方針リンク集

Copyright(C) うさぎ(兎)の飼い方・育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system